導入事例

CASE

大東建託パートナーズ株式会社様

エネルギーエージェントサービスの導入で事業が黒字化。
今後の提案にも期待しています。
大東建託パートナーズ株式会社
管理工事部 総合エネルギー企画課
課長
秋本 題也様

大東建託グループで賃貸アパート・マンションの管理から運営までをトータルにサポートされている大東建託パートナーズさま。オーナーと入居者、双方が満足できるサービスをモットーに、全国各地で管理・運営サービスを展開されています。またエネルギー関連事業にも進出され、電気事業全般のパートナーとしてエナリスを選んでいただいています。エナリスのサービスを導入された経緯や今後の展望を、同社の秋本さまに聞きました。


導入前の課題

大東建託パートナーズさまの事業について教えてください。

当社は全国にある大東建託グループの賃貸アパート・マンションの管理、運営を行っています。管理といっても建物の維持管理から入居者の契約管理、家賃管理まで幅広いサービス領域が特徴です。平成30年8月現在の管理戸数は109万戸に上りました。
また、エネルギー関連事業にも注力しています。管理する賃貸住宅にソーラーパネルを設置して太陽光発電を行ったり、電力を一括受電して入居者さまに利用していただいたり、管理物件を活用した事業を展開してきました。

エネルギー関連事業を行う上で、どんな課題がありましたか?

太陽光発電に関しては、ソーラーパネルで発電した電気をどのように利用していくかが課題でした。販売するにしても地域電力会社や新電力会社がある中で、どこをパートナーにしたらメリットがあるかなど考えるべきことがいくつかあったからです。
一括受電に関しては事業収支が赤字になっていました。これは、当初に見込んでいた入居者さまの電気使用量が予測より下回っていたのが原因です。黒字化は最優先課題でしたね。

導入の経緯

エナリスを事業のパートナーに選ばれたのは、なぜですか?

最初は太陽光で発電した電力を、プレミアム価格で買い取ってもらったのがきっかけです。ほんとうに絶妙のタイミングで買取りを提案してもらいました。
さらに当社が設置している太陽光発電設備は全国に13,500箇所以上あるのですが、広域に拡散している発電設備を目視で監視するのは不可能ですよね。しかし太陽光発電は、毎月発電量をチェックしないと売電量が減ってしまうリスクもあります。そこでエナリスさんに提案してもらったのが、デマンド監視装置です。ソーラーパネルに通信装置を付けて、遠隔でも発電量がひと目で分かるようにしてもらいました。
これらの提案にメリットを感じたので、当社の電気事業全般のパートナーとしてエナリスさんと一緒に事業に取り組んでいくと決めたのです。

※太陽光発電した電力を固定買取価格(FIT)より高い価格で新電力会社が購入する

導入のメリット

現在のサポート内容について教えてください。

太陽光で発電した電力は2012年からプレミアム買取りサービスを利用し、13,500箇所の装置のうち、3,000箇所にデマンド監視装置を導入しています。この3,000箇所については、発電量がゼロになったら警報が出るので、どの装置に異常が発生したかが一目瞭然になりました。
一括受電事業でも2012年12月からエネルギーエージェントサービスで高圧電力を供給してもらっています。最初は地域の電力会社から供給を受けていたのですが、エナリスさんに提案してもらったサービスにメリットを感じたのがきっかけです。いくつかの新電力会社のサービスを比較検討した結果、エナリスさんの提案が一番魅力的でした。

サービスを導入して良かった点は、何でしょうか?

やはり、最も良かったのはエネルギーエージェントサービスですね。何といっても、それまで赤字だった一括受電事業が、エナリスさんから電力を供給してもらうことで黒字化したわけですから。
一般的には高層の建物で部屋数が多いほどメリットが大きいと言われている事業です。しかし低・中層の物件が多い当社の場合、どのくらいメリットがあるかは未知数でした。エナリスさんにシミュレーションをしてもらい、導入した結果、年間で1,500万円以上のコスト削減効果があり、想定以上にメリットが大きかったですね。

今後の展望

6年以上、サービスを導入し続けている理由は何でしょうか?

一括受電事業でエナリスさんをパートナーに迎えなければずっと赤字だったかもしれないと思うと、胸を撫で下ろしています。エネルギーエージェントサービスを導入したおかげで、その後も事業を継続できているのでエナリスさんに頼るところが大きいですね。
それから太陽光発電も、一括受電にしても、当社にメリットが出る絶妙なタイミングで提案してもらえました。ほんとうに、良くぞこのタイミングで来てくれたと。

大東建託パートナーズさまの今後の展望を教えてください。

デマンド監視装置に関しては、太陽光による発電を分析してデータを取っていきたいですね。現在は北海道や北陸地方などの降雪地域以外で導入しています。どのエリアの発電量が多いか、どの方向が効率的に発電できるかなど、それを分析する装置のポテンシャルはまだまだあると思うので。私たちがその機能をもっと確実に使いこなさないといけませんね。
エネルギーエージェントサービスでは現在、全国で250棟の管理物件があります。今後の電力供給を高圧から低圧に切り替えるなど、さらに収支改善につなげていきたい。
当社としては、エネルギー事業に長期的な展望を持って取り組んでいます。直近の収益が上がったり、収支が改善したりということを一喜一憂するのではなく、将来的に電力をどのように活用するかが大切です。ぜひこれからもエナリスさんに一緒に考えてもらい、エネルギー事業を継続的に進めていける提案を期待しています。

お客様プロフィール

社名 大東建託パートナーズ株式会社
本社 〒108-0075 東京都港区港南二丁目16番1号 品川イーストワンタワー
設立 1994年7月
資本金 10億円
※大東建託株式会社(東京証券取引所1部上場)の100%出資
事業内容 アパート、マンションの管理 総合的なビル運営管理

取材 2018年9月
※記載された社名・部署名等の情報は取材当時のもので、閲覧時点には変更されている可能性があることをご了承ください。

関連サービス

導入事例

  • 電気料金削減
    不動産業
    大東建託パートナーズ株式会社様
    エネルギーエージェントサービスを導入したおかげで、その後も事業を継続できている
  • 電気料金削減
    サービス業
    株式会社ワールドリゾートオペレーション様
    新電力への乗り換えにより電気料金を20%コストダウン
ご不明点はお気軽に
お問い合わせください。
お問い合わせ・資料請求
・試算のご依頼
お問い合わせ・電気料金試算のご依頼は以下よりお気軽にご連絡ください。